首里城の説明とまとめ。

首里城の説明とまとめ。 首里城。それは沖縄のシンボルでもあり、歴史的建造物でもあります。初めて沖縄に観光旅行に行く際に必ず行きたい観光スポットの1つになります。ここでは、沖縄に行く前に首里城について少し紹介をさせていただきます。

首里城とは、沖縄県那覇市首里にあり、昔、沖縄が琉球王国だった頃に海外貿易の拠点であった那覇の港を見下ろす丘にあったお城です。琉球王朝時代のお城で、沖縄県内最大規模のお城とされていました。戦前は正殿などが国宝でしたが、第二次世界大戦中の1945年、沖縄戦と戦後の琉球大学の建設により完全に壊されてしまい、わずかに壁や建物の基礎などの一部のみが残っています。戦後、復元はされていたものの、本格的な復元は1980年代から行われ、1992年に正殿などが元の遺構を埋め戻す形で復元されました。2000年に世界遺産に登録されたましたが、登録されたのは首里城ではなく、首里城跡が登録されました。首里城の建設年代は明らかにされていませんが14世紀頃とされています。代々琉球王国を治めてきた王様の住むお城とされてきましたが、琉球王国の無くなるきっかけとなった琉球処分以降は日本陸軍の軍営や、学校として利用されてきたそうです。

Copyright (C)2015首里城の説明とまとめ。.All rights reserved.