沖縄の観光地で最も有名な首里城は城跡です

首里城の説明とまとめ。 南国沖縄での代表的な観光スポットは、琉球王朝時代の首里城の城跡です。そこは日本本土と異なった独特の琉球文化が花開いた時代の遺跡でもあります。それは1429年から1879年まで琉球国王の居城でしたが、その後は琉球大学のキャンパスとなっていた時代もあったのです。またそこには独特の色彩である朱色を主体とする鮮やかなお城が、沖縄への素敵な観光を出迎えてくれます。

その首里城は、2000年にユネスコの世界遺産に登録された歴史的な遺跡です。その為に2000年札にも載っている事でも知られています。そこでは約500年間にわたって、琉球王国の政治や外交、文化の中心になった場所です。また東南アジアや中国などの貿易を行った国との文化が混じって、沖縄独特の文化がつくられた象徴でもあります。その為に日本本土にはない琉球の伝統文化を感じさせてくれる場所でもあるのです。そこを見学する前に有名な守礼門がありますが、そこで観光の記念撮影を行う人も多いのです。またきれいな琉球衣装をまとった人と記念の写真撮影が出来るサービスがありますので、沖縄に来たときには忘れずに撮影を行うことです。

このように独特の琉球文化は、何処にもない沖縄の宝です、また沖縄県民の誇りにする首里城を見学することで、沖縄の歴史も学べます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017首里城の説明とまとめ。.All rights reserved.